梨木 香歩 : 沼地のある森を抜けて ☆☆☆☆・




面白い。深い。
”クローン”とか”粘菌”とか、自分のつぼにぐっと来るキーワードがたくさん
あったこともうれしかった。
なんかいつもの彼女の作品よりも突き抜けちゃってる気がする。

始まりは「ぬかどこ」だった。先祖伝来のぬか床が、呻くのだ。変容し、増殖する命の連鎖。連綿と息づく想い。呪縛を解いて生き抜く力を探る書下ろし長篇。