いしい しんじ : プラネタリウムのふたご ☆☆☆☆☆

直球で心に来る。
こういう人たちがいる世の中であってほしい。

名作として語り継がれることでしょう。

星の見えない村でうまれ、ひとりは手品師になり、ひとりは星の語り部になった。『麦ふみクーツェ』につづく、書下ろし長編小説。