吉田 篤弘 : それからはスープのことばかり考えて暮らした ☆☆☆☆・


いつも通り、ゆっくりとした日常の中の小さな幸福を素敵なコトバで編み上げられていました。
この世界観と価値観をもっと多くの人が感じながら生活できれば幸せな人が増えそうです。

どんなときでも同じようにおいしかった。だから、何よりレシピに忠実につくることが大切なんです…。ある町に越してきた映画好きのオーリィ君と、彼にかかわる人たちとの日々の暮らしを描く短編集。