北杜夫 : ぼくのおじさん ☆☆☆・・




素敵なおじさん。
こんなおじさんが近くにいたら反面教師として立派な大人になれると思います。
一緒に収録されている「みつばち みい」の詩に感動。