Gerhard Richter : 写真論・絵画論 ☆☆☆・・


やっぱりデュシャンってすごいんだなあと。
しかし、インタビュアーへのキレっぷりがいいですね。
最近はもう丸くなっちゃった感じですが。

著名な美術評論家やジャーナリストによるインタビューと、処刑されたテロリストを描き話題となった、連作「1977年10月18日」をめぐっての対談、さらに1962年から92年までに書いたノートや日記をまとめた書。