宮本 常一 : 日本文化の形成 ☆☆☆☆・

51B9E8YFH5L._SS500_

ヱビス、夷、蝦夷。
倭人より先に日本にいた人たち。

日本列島を徹底踏査した民俗学の巨人が、『古事記』『日本書紀』『万葉集』『風土記』などの古代文献を読み返し、それらと格闘の末、生まれた日本文化論。稲作を伝えた人びと、倭人の源流、畑作の起源と発展、海洋民と床住居など、東アジア全体を視野に入れた興味深い持論を展開する。長年にわたって各地の民俗を調査した著者ならではの着想を含む遺稿。