島尾伸三 : ひかりの引き出し ☆☆☆・・


まほさんの写真、どれもかわいいですよね。
写真を始めたころに手に取りました。とてもとても熱いものを感じたのですが、正直なところ私は真意が読み取れなかった難しい本でした。
写真を初めて3年たった今、改めて読んでみたのですが…やっぱり難しい。

写真家、作家である著者が、「写真の中の日常」「写真の中の時代」「写真の中のカラクリ」など、被写体、カメラ、カメラマンたちに対する自らの思いを綴った写真論。