ジョルジョ・モランディ 花と風景 ☆☆☆・・


98年に「光と緑の美術館」で行われた展覧会の図録。
モランディといえば、やっぱり静物(花瓶)ですが、
こちらは風景が中心。素朴な感じで、違った魅力があります。