ポール・オースター : ブルックリン・フォリーズ​ ☆☆☆☆・

brooklynfollies

彼の作品の中では異端なポジションか。なんだかポジティブで陽気です。

幸せは思いがけないところから転がり込んでくる──傷ついた犬のように、私は生まれた場所へと這い戻ってきた──一人で静かに人生を振り返ろうと思っていたネイサンは、ブルックリンならではの自由で気ままな人々と再会し、とんでもない冒険に巻き込まれてゆく。9・11直前までの日々。オースターならではの、ブルックリンの賛歌、家族の再生の物語。感動の新作長編。