レイモンド・カーヴァー : 象 ☆☆☆・・

やっぱり「使い走り」が印象的。いろいろ読みましたが改めて「Carver’s Dozen」は抜群にいいセレクションだと思います。

作家としての輝きのピークにあって病に倒れたカーヴァー
壮絶さと淡々とした風情が胸を打つ
最後の短篇「使い走り」他全七篇を収録